薄毛の原因と対策方法

薄毛の原因と対策方法

食生活の欧米化やストレス社会と言われる現代では頭皮にダメージを与えてしまうことに繋がり、男性にとっても女性にとっても薄毛は深刻な問題と言えます。
薄毛の原因はひとつだけではありません。
欧米化した食生活、遺伝や男性ホルモン増加によるもの、ストレスや精神的なもの、過度の洗髪やドライヤーの使い過ぎ、シャンプーのすすぎ残し、紫外線によるダメージ、冷え性による血行障害、喫煙や飲酒、睡眠不足などが原因となります。
薄毛対策は、肉類、魚類、海藻類、果物、乳製品などバランスの良い食生活を心掛けましょう。また、塩分を控えめにすることも忘れてはいけません。
遺伝による薄毛には個人で治療するのではなく、病院で医師の診断の元で治療することが大切です。
1日に数回も洗う必要は無く、1日1回の洗髪で大丈夫です。すすぎ残しが無いように洗い過ぎと思うくらい洗うと良いです。
紫外線によるダメージを防ぐためには帽子や日傘などを利用する事、頭皮の血行をよくするために禁煙や禁酒、冷え性改善やストレス改善方法を見つける事、十分な睡眠をとるようにしましょう。深夜11時から2時までの間は髪のゴールデンタイムで髪の修復や成長を促しますので出来る限りゴールデンタイムには就寝しているようにしましょう。